藤三旅館について

鉛温泉の由来

今から600年程前、当館・藤井家の遠い祖先が高倉山麓でキコリをしている時に、岩窟から出てきた1匹の白猿が、カツラの木の根元から湧出する泉で手足の傷を癒しているのを見て、これが温泉の湧出であることを知り、1443年頃に仮小屋を建て、一族が天然風呂として開いたと伝えられています。
その後、大衆の浴場とするべく1786年に長屋を建て温泉旅館として開業したのが始まりです。

このように温泉開湯当時状況から名を取り「白猿(しろさる)の湯」と呼ばれるようになっています。

秘湯の宿

藤三旅館は「新日本百名湯」「日本温泉遺産」に選ばれた宿です。
温泉は源泉を5本を有し、館内全4浴場すべて「源泉100%掛流し」です。
また、「千と千尋の神隠し」に登場する湯屋のような、木造3階建て・総けやきづくりの本館は、歴史の風格を感じる建物です。

自然・環境

藤三旅館は、岩手県花巻市の奥羽山脈の中腹に位置する、花巻南温泉峡「鉛温泉」唯一の一軒宿です。
大自然に囲まれ、豊沢川畔に建つ宿からは、川のせせらぎ、鳥のさえずりなど居ながらに感じることができます。
また、地物の山菜やきのこ、たけのこなどの山の幸や、世界三大漁場のひとつ「三陸」の海の幸を毎日直送するなど、旬の素材を使ったお料理をご提供させていただいております。

文学

田宮虎彦の小説「銀心中(しろがねしんじゅう)」の舞台になったのも、藤三旅館です。
小説は、田宮虎彦が1ヶ月あまりの間、玄関上の3階お部屋(20号室)に逗留して執筆されました。このお部屋は、当時の趣きそのままの形で現存しています。

宮沢賢治も当家との遠戚関係からよく訪れました。童話「なめとこ山の熊」の中にも『腹の痛いのにも利けば傷もなおる。鉛の湯・・・・・』と、うたわれております。

多くの方に支えられて

藤三旅館は、創業以来、数多くの方にご宿泊お引き立てをいただき、支えられてきました。
毎年、湯治を楽しみに宿泊になられるお客様、ご家族のお祝い事や記念日に宿泊いただくお客様。
趣きある藤三旅館のたたずまいと、白猿の湯は多くの皆様に愛されて参りました。

今までの歴史を踏まえ、今後もお客様皆様にご満足いただける、最上のサービスをご提供できるように、従業員一同取り組んでまいります。

会社概要

会社名
鉛温泉株式会社(藤三旅館)
創業
天保12年(1841年)
昭和17年に株式会社へ組織変更
住所
〒025-0252 岩手県花巻市鉛中平75-1
代表者
代表取締役 藤井 祥瑞(よしみつ)
代表電話
旅館部 0198-25-2311 湯治部 0198-25-2901
FAX
0198-25-2312